イオン、グループデベロッパー事業機能を統合

イオンリテールの商業施設をイオンモールが管理へ

10月24日、イオンは、グループのデベロッパー事業の機能を11月1日付で統合すると発表。写真は同社のロゴ。1月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - イオン<8267.T>は24日、グループのデベロッパー事業の機能を11月1日付で統合すると発表した。イオンリテールの69の商業施設をイオンモール<8905.T>が管理・運営する。これにより、イオンモールが管理・運営する商業施設は国内131施設となる。

総合スーパー(GMS)事業や総合金融事業に続き、イオンが進めてきたグループの構造改革の一環。イオンリテールはGMS事業に専念する体制となる。

デベロッパー事業では、モール型商業施設の名称を「イオンモール」に統一。2012年にはマーケティングや開発機能の統合などを実施しており、今回、商業施設の運営・管理業務をイオンモールに集約することで、デベロッパー事業の機能統合が終了する。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。