文章は接続詞で決まる 石黒圭著

文章は接続詞で決まる 石黒圭著

文章指南の書はあまたあるが、接続詞に特化した本はほとんどない。文章論の研究者で一橋大学准教授でもある著者によれば、接続詞は近代以降急速に整備が進み、文法的にはまだ位置づけがあいまいで、専門家の間ではあまり人気がないテーマらしい。

しかし一方でプロの書き手は文章を接続詞から考えるという。たとえば、だが、しかし、ところが、の本当の違いがわかれば使い方ひとつで文章の読みやすさ、わかりやすさが変わることを知っているからだ。

本書は接続詞とは何か、文章の中での役割から個々の接続詞の機能や実践的な使い方まで詳細に解説。文学作品に見られる印象的な接続詞の事例に文豪たちの妙手を味わいつつ表現効果を学べる。

光文社新書 798円

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
攻防!たばこ規制<br>迫る全面禁煙社会

厚生労働省が「受動喫煙防止対策」を強化。今年の通常国会での法案提出を目指す。飲食店などでは「分煙ルームもNG」となり、客離れが生じかねない。飲食、娯楽業はどう対応するのか。