ソニー平井社長がバトン渡した異色の「強面」

管理畑一筋、表情崩さぬ吉田CFOの一手に注目

ソニーの平井一夫社長は、CFO(最高財務責任者)として支えてきた吉田憲一副社長(右)にバトンを渡す(撮影:尾形文繁)

「社長に就任してからの6年間、トップをどこで退くか常に考えてきた。ソニーが好業績のときに新しいCEOに交代するのが、ソニーにとっても、私の人生にとっても適切だと考えた」

退任の理由をこう語るソニーの平井一夫社長は、憑き物が落ちたかのようにすっきりとした表情だった。

2月2日、2017年度第3四半期の決算説明会を繰り下げ、ソニーの社長交代記者会見が急きょ開かれた。平井氏がバトンを渡したのは、CFO(最高財務責任者)として、約4年のあいだ平井社長の懐刀として経営再建を担ってきた吉田憲一副社長だ。

新旧社長の人柄は好対照

ソニーの財務部や社長室担当などの管理畑を歴任後、子会社のソネットに出向。そこから2013年末に本体の経営陣へと舞い戻った、異色の経歴の持ち主だ。CFOとして年4回の決算説明会に登場する際は、眉間にシワを寄せた表情や慎重で厳しい物言いが特徴的だった。壇上でのプレゼンは大得意、「感動会社」と自社を打ち出す平井氏とは、ある意味好対照の人物だ。

吉田氏はかねて次期社長の最有力候補とささやかれてきたため、今回の人事は極めて妥当。ただ、業績が回復し、いよいよ反転攻勢か、というこのタイミングでの平井氏退任は、社内に驚きを与えたようだ。1月11日には平井氏の陣頭指揮のもとで12年ぶりに復活させた犬型ロボット「アイボ」も発売されたばかりだった。

2012年、社長就任からまもない平井一夫氏。表情が若々しい(撮影:尾形文繁)

平井氏が吉田氏に社長交代を打診したのは2017年暮れとのことだが、ちょうどその頃、社長に近いある幹部は「社長は今とても乗り気になっているところ。世界中の拠点を飛び回って、時差ぼけでもレッドブルを片手に生き生きと仕事をしている。今退任するとは思えない」と語っていた。

今回の会見では、平井氏の「社長交代は私の人生にとって適切」「人生の新しいステージに移る」といった発言が印象的だった。というのも、CBSソニー(現ソニー・ミュージックエンタテイメント)出身者として異例の社長抜てきとなった平井氏だが、就任した2012年は、折しも同社が4期連続最終赤字に陥っていた最悪の時期だ。

以来、製造拠点の統廃合や従業員リストラなど、厳しい判断を次々下してきた。平井氏自身も「心が痛んだが、それでもソニーを元気にするんだという思いだった」と当時を振り返る。社長就任時に黒々としていた髪も、すっかり白くなった。

次ページ絶好調の業績を花道に社長退任
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本人が知らない<br>地政学

太平洋をめぐる米中の暗闘。力の信奉者、トランプvs.習近平の危うい駆け引き。イスラエル、ロシア…混迷する国際情勢を地政学で読み解く。佐藤優氏の地政学「超入門」も読みどころ。