アニメの可能性を広げる「ネット配信」最前線

「大人アニメ」への期待が高まっている

『DEVILMAN crybaby』 Netflixにて全世界独占配信中 ©Go Nagai-Devilman Crybaby Project 原作:永井豪「デビルマン」/監督:湯浅政明/脚本:大河内一楼/音楽:牛尾憲輔
NetflixやAmazon(プライム・ビデオ)などグローバルな動画配信サービスで、日本アニメの配信が進んでいる。またAbemaTVでもアニメが主力ソフトとなっている。今後も拡大するネット配信ビジネスにおいても、日本独自の「大人アニメ」は、さらなるキラーコンテンツとして期待されているようだ。

Netflixの『シドニアの騎士』が意味するもの

2015年9月に日本上陸を果たしたNetflixは、その直前に日本のアニメ『シドニアの騎士』(注:『シドニアの騎士』=2014年4月クールでTBS系列で放送されたフル3DCGのSFアニメ。15年4月には2期(続編)が放送された。アニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズ。完成度の高い独特な世界観とストーリー、手描きでは不可能な激しい動きなどで多くのファンに支持された)を世界独占配信し、記者会見でもそれを強調するなど、当初からアニメに力を入れていることが窺えた。NetflixのPR担当ディレクターの松尾崇氏によれば、『シドニアの騎士』は、同社が真剣にアニメに取り組む、いわば礎的な存在だったという。

当記事は『GALAC』3月号(2月6日発売)からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

大人の鑑賞に堪えるアニメが支持されているのは、世界のなかでも日本独特の現象だ。海外でアニメ映画を楽しむ構図は、ディズニーのアニメを子どもに見せるために大人が一緒に行って、(ついでに)自分も楽しむという光景しかない。一方、日本ではどうか。16年に大ヒットした『君の名は。』を、子どもと一緒に見に行くという光景は想像できるだろうか。海外では、このような“大人だけ”をターゲットにしたアニメ作品はほとんど存在しない。大人のアニメファンはごくごく少数なのだ。

日本のアニメは大人をも虜にする。これにいち早く気づいたのがNetflixであり、そのきっかけになったのが『シドニアの騎士』なのだ。アニメファンでなくても、この作品を見れば面白いと思うはずだ。ところが海外では、この面白さを知らない大人が大多数だ。だから「大人が楽しめるアニメ」という新たなジャンルを立ち上げれば、新たなユーザーを獲得できる。Netflixにとって日本のアニメは、全世界で新たなユーザーを開拓する強力なエンジンとして期待されている存在なのだ。

前出の松尾氏も、「日本アニメのターゲットはまったくアニメを見たことのない人たちで、『シドニアの騎士』は、アニメを子どもだけのものではなく、大人でも楽しめると気づかせてくれたという意味では、マイルストーン的なものでした」と話す。

次ページ日本の大人アニメが新たなユーザー獲得の武器になる
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。