みずほFG、新社長に坂井みずほ証券社長就任

1万9000人の人員削減等リストラの実行役に

 1月15日、みずほフィナンシャルグループは、4月1日付で佐藤康博社長が会長兼執行役となり、後任にみずほ証券の坂井辰史社長が就く人事を発表した。写真は都内で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 15日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループ<8411.T>は15日、佐藤康博社長が会長に退き、後任にみずほ証券の坂井辰史社長が就く人事を発表した。4月1日付。坂井次期社長は「足元の基礎的収益力の低下に対してどのように対応するのか」と述べ、収益力の向上に取り組む考えを示した。

佐藤氏は2011年に持ち株会社社長に就任。旧日本興業銀行出身で、旧富士銀行、旧第一勧業銀行の3行が統合したみずほを率いて、ワントップ体制を確立した。16年からガバナンス改革の総仕上げとして、傘下の銀行、証券、信託などの各業務に法人やリテールなど顧客別に横串を通すカンパニー制を導入したものの、収益力の低迷に苦しんでいる。

このため、昨年11月には今後10年で1万9000人を大幅削減するなどの構造改革策を公表し、抜本的なコスト削減を打ち出した。みずほは、坂井次期社長のもとで改革を進めることになる。

坂井氏は84年、旧興銀に入行。国際部門や企画部門を経験し、2016年にみずほ証券社長に就任した。坂井氏の後任には、みずほFGで企画を担当する飯田浩一常務が就任する。

会見で、坂井次期社長は「みずほの基礎的収益力の低下にどのように対応するのか」とし、「金融業を取り巻く構造が大きく変わっていく中、トップラインを強化し、新しいビジネスを創造していく」との方針を示した。さらに、構造改革を達成した10年後の新しい金融グループのあるべき姿を描きたいとした。

収益力低迷の原因については「構造的にはコストの問題も大きいが、リスクテイクに関するスタンスが守りの姿勢に傾きがち。役職員の意識改革を進めていかなければならない」と説明した。

佐藤社長は金融ビジネスの変化を強調し、「金融情報産業化が進む。それを担っていくためには新しいリーダーが必要」と語った。

佐藤社長は就任してから7年。旧行の確執が取り沙汰されてきた中で「(持ち株会社、旧みずほ銀、みずほコーポレート銀行に分かれた)3トップが失敗の原因だと思ったし、今も思っている。意思決定は1本に統一されて、1人が最終責任を取らなければならない」と振り返った。今後について「会長になるが、代表取締役は絶対に務めないと指名委員会に言ってきた。ワントップは坂井氏が引き継ぐ」と説明した。

(布施太郎※)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。