カズオ・イシグロに賭けた男の譲れない一線

翻訳本をすべて出す早川書房のこだわり

海外翻訳の目利きとしても知られる、早川書房社長の早川浩氏(撮影:梅谷秀司)
2017年12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開かれたノーベル賞授賞式。ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏の公式招待客として、早川書房の早川浩社長も受賞式に出席した。早川氏はイシグロ氏とは17年近い親交があり、同社はイシグロ氏の小説の翻訳をすべて出している。
2017年のノーベル賞では、文学賞のイシグロ氏のほか、経済学賞、物理学賞の関連本も出版しており、ネット上では「ノーベル賞3冠王」と話題にもなった。
海外文学、なかでもミステリーやSF作品が有名な同社だが、それにとどまらず海外作品を数多く日本に紹介してきた。
海外翻訳の目利きとしても知られる早川氏に、イシグロ氏とのかかわりや翻訳ビジネスについて聞いた。

カズオ・イシグロで110万部の大増刷

――ノーベル賞の受賞式はどうでしたか。

ストックホルムはノーベル賞一色でスウェーデン国民がそれを誇りにしていることもよくわかりました。受賞式の雰囲気にも感激しました。さまざまなイベントに出席したり見学したりして、イシグロ氏とも親しく会話できました。もっとも彼は多忙で公式行事がびっしりあるから、私はあまり邪魔にならないようにしていましたが。

――カズオ・イシグロさんの翻訳は、すべて早川書房から出ていますね。11月にノーベル文学賞の受賞が決まった直後に増刷をされました。どれだけ刷ったのですか。

110万部。

――えっ? ずいぶんと思い切った数字ですね。

思い切ったというよりも、取次(とりつぎ=書籍の卸会社)、それに書店からの要望がありましたから。でもいちばんの大本は読者の要望。その要望に応えようということです。

――そんなに刷って大丈夫なのですか。迷いはありませんでしたか。

全然なかったです。もちろん私1人で決めたことではなくて、編集や営業、プロモーションをやっている者たちと相談して決めました。

(大増刷の判断は)欧米の出版社でも当たり前だと思いますね。イシグロさんの本は海外ではフェイバー&フェイバー社で出ていて、日本では早川書房1社です。出版社が2社、3社に散らばっているのではない。「もっと寄越せ」の声に応えるとしたら当然のことです。(売れ行きについて)心配も憂慮もしていません。

次ページイシグロ氏の本を出すようになった経緯
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビットコイン 天国と地獄

乱高下を繰り返すビットコイン。資産1億円を達成した「億り人」が生まれる一方、含み益が瞬間蒸発した投資家も。ブームの実態に迫る。口座開設から購入、課税までも丁寧に解説。