45歳女性が「電撃結婚」で気付いた致命的失敗

家で「甘い選択」をすると、後から痛い目に

もちろん、家を買うのも、結婚するのも、そのこと自体は喜ばしいのですが、家を買ったあと結婚して、相談に来る女性のお話を総合すると「もっと便利なところに買っておけばよかった……」「もっと広い物件を買っておけばよかった……」「そもそも買わなければよかった……」など、家で後悔するケースが本当に多いのです。

C子さんの場合も、やはり独身時代に買った家が重荷になってしまい、せっかくの結婚生活を謳歌できていないとのことでした。もちろん女性に限りませんが、一生独身と思っていても突然出会いがあり、結婚するかもしれません。「おひとりさま」のうちに家を買う場合は、いくつか気をつけなければならない注意ポイントがあります。

新築物件の「魔の魅力」にご用心!

一般的に、独身女性が家を買おうと思い立ったら、やはりマンションを購入するケースが多いのですが、新築か中古かといえば、圧倒的に新築が人気のようです。

確かに、新聞の折り込みチラシに入ってくる洗練された広告を見たり、おしゃれなインテリアや最新の設備が備えられたモデルルームを見たりすると、「やっぱり新築って素敵!」と感じてしまうのもわかります。また、営業マンも巧みな営業トークできっちり盛り上げてきますので、ついその気になってしまいますよね。

では、盛り上がった気分で、新築を買ってもいいのでしょうか。もちろん、まったくダメというわけではありません。しかし、住宅関連のサイトを見てもらうとわかるのですが、新築マンションと中古マンションでは、同じエリアにあり、駅からの距離や広さなどの条件がほぼ同じでも、価格はまったく違います。

次ページ新築と中古の価格は、どれくらい違う?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビットコイン 天国と地獄

乱高下を繰り返すビットコイン。資産1億円を達成した「億り人」が生まれる一方、含み益が瞬間蒸発した投資家も。ブームの実態に迫る。口座開設から購入、課税までも丁寧に解説。