若手必見「仕事で着るコート」選び5つのコツ

色はネイビーか黒、仕事帰りに買いに行こう

スーツに合うコートを1着選ぶとすると、どんなコートがいいか (写真:YakobchukOlena / PIXTA)

年末年始が近づくと共に、本格的に気温が下がってきた。コートが手放せない、冬の到来である。

となると、就職してからはじめての冬を迎える新入社員にとって「そういえば、仕事で着るコートって……何を選べばいいんだ?」と悩まれる方も多そうだ。

もちろん「ノースフェイスのダウンジャケットを着れば超絶暖かいし、ついでに靴も雨も雪も怖くないダナーなんかのブーツにしたら完璧だなー」と、高機能なアウトドア製品で固める手もある。とくに雪国なら、それこそ間違いのない選択だ。

スーツに合うコートを一着持つなら

この連載の一覧はコチラ

もっとも「基本的にスーツスタイル」という堅めの業種や、「服装にうるさい上司がいる」といった職場の方は、やはりコートもそれなりに“オンタイムに沿ったもの“を一着もっておくほうが無難だろう。

そこで今回は、若手社員がスーツに合わせるコートを一着買うとしたら「これにしとけば間違いない」という選び方とオススメのコートを、松屋銀座の紳士課マネージャーの川島雄太氏に伺った。冬将軍が本気を出す前に、購入の参考にしていただきたい。

コート選びのコツ1 ジャケットが隠れる着丈&袖丈が無難

たまにキルティングジャケットなど、着丈が短めのアウターをスーツに合わせて着こなしている人がいるが、スーツのジャケットの裾が「こんにちは」と、顔を出してしまっている。これは見た目的にも防寒的にもNGだという。

「丈の短いコートはスポーティに見えて動きやすいのですが、中に着たジャケットが見えてしまうのは、やはり少しみっともなく見えてしまいます。また防寒という意味でも、長いほうが暖かい。スーツに合わせるコートを一着…というならば、やはり着丈は長めを選ぶほうがいいのではないでしょうか」(川島さん)。

次ページ丈が長めだと寒さ対策になる
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
本気になった富士フイルム<br>不正会計を機に大手術

「経営者に大事なことは、ピンチをチャンスに変えること」と語る古森重隆会長。富士ゼロックス海外子会社の不正会計発覚後、親会社の富士フイルムHDは関与を強め、出直しを図る。