「妥協して結婚」した人の半分は後悔している

「条件を下げるべきだった」年齢は30代前半

「理想・条件を下げてでもとにかく結婚したい」「結婚したい気持ちはあったが、今ではあきらめている」と回答した35~54歳の未婚者に対して、何歳頃に理想・条件を下げておくべきだったか尋ねました。「理想や条件を下げてでもとにかく結婚したい」人は男女とも「30代前半」と回答した割合が最も高く、女性では「20代後半」と回答した割合も「30代前半」とほぼ同水準でした。

また、「結婚したい気持ちはあったが、今ではあきらめている」人では、「理想・条件を下げても結婚できなかった(できなかったと思う)」と考えている人の割合が男女とも最も高くなっています(男性64.5%・女性52.7%)。

それでは、結婚するために結婚相手に求める理想・条件を下げた35~54歳の既婚者は、何歳くらいのときに理想・条件を下げたのでしょうか。男性は「30代前半」(39.2%)、女性は「20代後半」(40.2%)が最も高くなりました。全体として、男性よりも女性のほうが、理想・条件を下げる時期は早いようです。 

「条件を下げた」ことを後悔している人の割合は?

また、「結婚したかったので理想・条件を下げた」35~54歳の既婚者に対して、結婚相手に求める理想・条件を下げたことを後悔しているかどうか尋ねたところ、「どちらかと言えば後悔している」は、男性49.7%・女性56.1%で女性のほうが高くなっています。特に50代前半では、後悔している割合が女性では60.0%と男性の40.4%より19.6ポイント高くなりました。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?