売れているビジネス・経済書200冊ランキング

「SHOE DOG」が2週連続で1位を獲得

ナイキ創業者自伝『SHOE DOG』が2週連続1位を獲得!(画像:zak / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、11月5日~11日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

今週のランキングでは、ナイキ創業者、フィル・ナイトの自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』(東洋経済新報社)が2週連続で1位に輝いた。11月10日に東洋経済オンラインの記事(バルミューダ寺尾玄「もうNIKEしか履かねぇ」)が掲載され、注目が集まった。

先週1000位以下から一気に10位まで上がったのが、『心に響くコミュニケーション ペップトーク』(岩崎由純著、中央経済社)だ。11月11日に嵐の櫻井翔さん主演のドラマ「先に生まれただけの僕」で紹介され、ブレークした。

次ページ以降、200位までのランキングを掲載する。「ビジネス・経済書」のトレンドをつかむとともに、ご自身の勉強の参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。