女性が「婚活男」と付き合えないと思うワケ

「誘えない」か「猪突猛進」かのどちらかだ

趣味のジャズの話が楽しくできる人とだったら、うまくいくと思ったのに…(写真:bee / PIXTA)

「33歳のときに大手結婚相談所に入会して、2年間くらいお見合いをしたんですが、結婚をしたいと思える男性には出会えなかった。60人くらいに会ってもうヘトヘトに疲れて、婚活をやめてしまいました。それから何もないままに2年が経ってしまった。このままだと一生独りだと思って、また婚活を始めようと思っているんです」

面談に来た加藤宏美(37歳、仮名)は、大きなため息をついた。身長170センチの涼しげな顔立ちの女性で、都内の製薬会社に勤め、事務の仕事をしているという。短大時代から趣味でジャズピアノを習い、知り合いのバーやジャズクラブでたまにピアノを弾く。「それが趣味であり、自分らしくいられる楽しい時間でもある」と言った。

宏美が言うように結婚相談所や婚活アプリで婚活を繰り返すものの、意中の男性に出会うことができず、婚活疲れを起こして婚活の場からフェードアウトしていく人たちはとても多い。しかし、いったん婚活から離れてしまうと、見事なくらいに出会いはなくなっていく。そして、1年、2年と経つと焦りを覚え、また舞い戻ってくる人たちが後を絶たない。

そもそも結婚相談所や婚活アプリには、“結婚をしたい”という気持ちがある人たちが集ってきているはずだ。そうした人たちとの出会いを繰り返しているのに、なぜ結婚相手を見つけることができないのか。

今回は、“結婚したい人”が“結婚したい人”と出会っているのに、なぜ結婚できないのか、その原因について考えていきたい。

30代に入ると恋愛もようが変わる

この連載の一覧はコチラ

「実は28歳から3年間付き合っていた男性と、結婚を考えていました。でも、彼の両親が熱心な新興宗教の信者だった。彼はそれほど熱心ではなかったけれど、たまに活動には参加していたようです。彼の家に行くと驚くほど立派な仏壇があり、教祖の写真がでかでかと壁にかけられていました。その光景が異様だったし、教祖の言うことを鵜呑みにし、神のように崇(あが)めているご両親に違和感がありました」

結婚は当事者だけの問題ではない。男性側の両親とも家族になる。新興宗教の教えや考え方を押し付けられるのも、嫌だった。

結局結婚には踏み切れず、31歳のときに彼とは別れてしまった。

次ページ20代と30代とでは恋愛が変化する?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ネット広告の闇

世界最大の広告主・P&Gがネット広告を減らしている。トンデモサイトへの「知らぬ間出稿」でブランドを毀損したトヨタ、JAL、富士通…疑問と批判が噴出。ネット広告の問題点に迫る。