JR名古屋駅が進める「名古屋めし強化」の勝算

駅ナカにあふれる「みそカツ」や「天むす」

名古屋駅の駅ビル、JRセントラルタワーズとJRゲートタワーにもレストラン街がある。その店舗構成は、フレンチ、焼肉、すし、中華などバラエティに富む。名古屋めしの店はゼロではないが、名古屋うまいもん通りと比べると圧倒的に少ない。その点で両者はうまく差別化を図っている。

名古屋うまいもん通りに12月に出店する「山本屋本店」のみそ煮込みうどん(写真:JR東海)

12月には、うまいもん通りに4店舗が新規出店する。うち2店が、みそ煮込みうどんの「山本屋本店」とえびフライが名物の「まるは食堂」だ。名古屋めしの存在感がさらに高まることになる。だが、駅から一歩外に出ると、その存在感は駅の比ではない。新幹線側の駅前に広がる地下街「エスカ」では、33ある飲食店のうち実に23店が名古屋めしを提供する。まさに激戦区そのものだ。

JR名古屋駅は実は劣勢?

エスカの名古屋めしシフトは、駅前にある「ビックカメラ」が開業した2003年にまでさかのぼる。それ以前、ビックカメラの場所には衣料雑貨系の店舗があり、エスカもその店の客層に合わせた飲食店を並べていた。しかし、2003年にビックカメラがオープンすると、エスカも店舗の入れ替えに舵を切り、徐々に名古屋めしの店を増やし始めた。その結果が、今日の23店につながっている。2015年に名古屋めしを強化したJR名古屋駅は、エスカから見れば、「何を今さら」といった感じなのだろう。

名古屋うまいもん通りは名古屋めし強化で客をさらに取り込めるか、12月の新規出店の成否が注目される(記者撮影)

エスカの名古屋めしシフトは大当たりし、「観光・出張客も地元客に負けないくらい多い」(エスカ広報担当者)という。そう考えると、名古屋駅の名古屋めしシフトは、実は駅の外で勢いづく名古屋めし店に客を取られないための囲い込み策だという構図が浮かび上がってくる。

名古屋駅周辺の地下街はエスカだけではない。「ユニモール」「メイチカ」など多くの地下街があり、それぞれが独自の飲食店網を展開する。新幹線では独り勝ちのJR東海が、飲食店戦略では多くのライバルと向き合っている。「男子家を出れば七人の敵あり」という格言は、JR東海が名古屋駅で置かれている現状に、まさにぴったりくる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
いま買える株・投資

26年ぶりに日経平均2万3000円超え。歴史的大相場の始まりか?チャンスとリスクを点検する。見逃せない株価材料&銘柄、割安株ランキング、好成績の投信を掲載。緊急投資ガイド。