ソフトバンクの「白戸家」が根強い人気のワケ

祖母と孫のつながりを描いたCMもランクイン

「白戸家」シリーズのCMカット。元の家族のリビングを訪問する竹内涼真(写真:ソフトバンク)
あなたのお気に入りCMは、何位にランクインしているだろうか?
CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。
最新の2017年10月後期(2017年10月5日~ 2017年10月19日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

「白戸家」CM終了か、ざわつく視聴者

【1位~10位】

調査期間中、東京キー5局からオンエアした3161作品のうち、作品別CM好感度1位はソフトバンク『SoftBank』の「白戸家」シリーズ、「元の家族を訪問」篇となった。樋口可南子と上戸彩のCM撮影中に、突然「元の家族の皆さん、お疲れ様でした」と古田新太と竹内涼真が乱入してくる。「私たち、替わっちゃうの?」といぶかる上戸に、「いや、僕の口からは」と思わせぶりに返答する竹内。新しいお父さん役の犬たちが連れてこられると、「本当に白戸家終わっちゃうの?」と上戸が不安げにつぶやく。

この作品に先駆けて放送された「10年間ありがとう・ダイジェスト」篇は、寂しげで郷愁を誘う音楽が流れる中、これまでの10年間の白戸家CMの名シーンをダイジェストでつなげた。その他、CMの撮影現場で上戸彩と樋口可南子がスタッフから花束をもらい、「10年間ありがとうございました」とねぎらいの言葉をかけられる作品や、新しい家族として古田、竹内、杉咲花が登場する作品など、いよいよ「白戸家」シリーズ終了かと思わせるムードを醸し出していた。

アンケートモニターからは、「白戸家がどうなるのか、気になる」という感想が圧倒的に多く、視聴者も出演者と同様に驚きながらも半信半疑のようだ。シリーズの終了(?)に対する意見としては、「悲しい」「寂しい」と残念がる気持ちのほうが、「楽しみ」「期待している」を大きく上回っている。

ところで、10年続く人気シリーズ「白戸家」のルーツをたどると、2006年の「予想外」シリーズに遡る。スーツ姿のダンテ・カーヴァーが出演し、シャープのAQUOS携帯の画面操作の動きと、当時ソフトバンクがボーダフォンを買収したことに掛けて「予想外」と表現した。

初めて『SoftBank』のCM作品が月間CM好感度のナンバーワンに輝いたのは、2006年11月度の「全員がスパイ」篇。極秘会議中に「スパイは出ていけ」と社長が発すると全員が退席、まさかの全員がスパイだったという意表をつくストーリーだった。

次ページ白戸家は国民的人気シリーズに
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。