運動せずエネルギー消費をあげる「32のコツ」

「エネルギー消費早見表」でチェックしよう

生活習慣をすこし変えるだけで運動不足解消になります(写真 : chombosan / PIXTA)

ジムに通わなくても大丈夫!生活習慣をすこし変えるだけで、ラクにできる運動不足解消法をご紹介します。エネルギー消費量アップ早見表をチェックして、脱・運動不足! ≪まずはこちらをチェック!≫

たくさんの筋肉刺激で運動不足は解消する!

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

運動不足を解消するためには、歩数を稼いで、たくさんの筋肉を使うべき。

「運動不足とは筋肉を刺激しない状態が続くこと。歩くとたくさんの筋肉をまんべんなく使うことができるので、歩数を増やすことが運動不足解消の一番の近道です。一日1万歩が目安ですが、アラサー女性の平均は約8500歩。一分で110~120歩けるので、今より毎日12~13分以上歩けば目標をクリア。また、下半身の大きな筋肉に刺激を与える運動やちょこちょこ動くだけでも筋肉が刺激され、運動不足を解消するきっかけに」(スポーツ&サイエンス代表 坂詰真二さん)

一日30ポイントUPを目指せ! 日常生活エネルギー消費量アップ早見表

1.目が覚めたら寝たまま伸びをしてから起き上がる【+1pt】

2.朝一番に深呼吸する【+1pt】

3.朝にシャワーを浴びる【+2pt】

4.駅ではエスカレーターでなく階段を上る【+3pt】

5.電車では座らず、立つ【+3pt】

6.オフィスでの座り姿勢を正してみる【+2pt】

7.オフィスでは1時間に一回肩を回す【+1pt】

8.ランチは遠いお店を選んで歩く【+3pt】

9.横断歩道より歩道橋を使う【+3pt】

次ページ1日30ポイントを目指そう!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。