男が知らない「空気を読めない女子」の正体

彼女が発する職場を凍り付かせる発言の真意

男性にはなかなか理解できないその胸の内とは?(写真:Fast&Slow / PIXTA)
「女性の活躍」というスローガンのもと、以前にまして職場に女性社員も増えてきました。優秀な女性社員も多い中、一方で男性からは「仕事がスムーズに進まない」「かみ合わない」「指示が通らない」など、多くの悩みも聞こえてきます。
男性・女性という差は少なくなってはいますが、まだまだその根本には、男女の基本的な考え方の違いがあるようです。女性社員が何げなくしてしまう、男性社員を困惑させてしまう言葉や行動とは。『女子の働き方』の著者、永田潤子氏が対応法を解説します。

男性と女性の受け止め方の違い

女性が何げなく放った一言で、場の空気が凍った――みなさんも、こんな経験はありませんか。しかも、当の本人は悪びれるところもなく、逆に得意げな顔すらしている、男性からすれば理解できない状況だと思います。

私は女性で初めて海上保安大学校を卒業し、海上保安庁時代は、巡視艇の船長として男性上司と男性部下に囲まれた中間管理職、もしくは男性の部下を持つ上司としても仕事をしていました。

その中で男性と女性の受け止め方の違いを感じました。私にも場を凍らせてしまった経験があります。最近では、女性の部下をもつ男性から、「女性たちが何げなく言った言葉に、相手の顔がひきつっている」という相談を受けることもあります。

それはたとえば、次のようなケースです。

●部内でいちばん力のある上司に対して、「部長、それはこの間おっしゃっていたことと違いますよね?」など、正面からストレートに指摘をする

●前の仕事で割をくった社員に、今回は華を持たせようとする配慮に対して、「私のほうが、実績が上です。私にやらせてください」と、憮然としながら、しっかりと自己主張する

●得意先に対して、「その条件は、絶対にのめません」と、前後の脈絡を考えずに断定してしまう

●時間も工数も費やして、ようやく着地点が見えてきた交渉について、「ここはもっと、こうしたほうがいいと思うんです!」と、明確な理由を説明することなく、今さらながらこだわる

●何げない行動に対して、「○○君は、もっとこうしたほうがいいんじゃない?」と、聞いてもいないのにアドバイスをしてくる

次ページ「空気を読めない」言動をしてしまう理由は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。