バスケ男子の「プロリーグ」は野球を超えるか

2年目を迎えた「B.LEAGUE」を分析

B.LEAGUEの発足までは長い道のりだったが、今バスケに真剣に向き合っている子どもたちが目指せる世界が誕生した意味は大きい(写真:矢木隆一)
世界で最も競技人口が多いスポーツ――それがバスケットボール。FIBA(国際バスケットボール連盟)に登録されている競技者数は、全世界で4億5000万人にものぼる。最大競技人口を誇るのはサッカーだと思われがちだが、サッカー人口は約2億7000万人にすぎない。
ファン待望のバスケの男子プロリーグ・B.LEAGUEがスタートしたのが2016年。9月29日には、2年目シーズンが開幕した。今後、B.LEAGUEはどのような発展を見せていくのか。
B.LEAGUEチェアマンである大河正明氏、さらに千葉ジェッツ(現・千葉ジェッツふなばし)の代表として『千葉ジェッツの奇跡 Bリーグ集客ナンバー1クラブの秘密』を刊行し、今秋、バイスチェアマンにも就任した島田慎二氏に「B.LEAGUEが目指す未来」について語ってもらった。

統一リーグがスタートした意義は大きい

大河正明:2年目となるシーズンが始まりましたけど、1年目の昨シーズンはあっという間に終わりましたね。正直なところ、これまで経験したことのない世界だから、基準のない1年目を評価するのは難しい。

それまで日本には、プロという位置づけの「bjリーグ」と実業団という位置づけの「NBL」がありました。これら2つが紆余曲折を経てやっと統一されて、B.LEAGUEの発足にこぎ着けた。本当、長い道のりだった。

厳しい言い方になるけど、NBLは観客が1000人も入っていないようなチームもあった。観客の顔を見たら、ほとんどが会社の同僚だったり……。bjリーグにしても、人気クラブの秋田(秋田ノーザンハピネッツ)でも3000人も入らない。琉球(琉球ゴールデンキングス)がいちばん多かったのかな。

そんな2つのリーグが1つになってB.LEAGUEが始まったけど、ふたを開けてみて、実際にどれくらいの人たちが見に来てくれるのか、予想がつかなかった。

島田さんのところのジェッツは、来場者数を伸ばしましたね。

島田慎二:そうですね。NBLの最終年の1試合平均が約3600人でしたけど、昨年はリーグ最多を記録することができて、1試合平均の来場者数も4500人に伸びました。

大河:着実に伸びてますよね。来場者数に関してはこれからもっと増やす必要があるけど、B1(1部リーグ)全体の平均でリーグが1つになる前の来場者数から5割くらい増えたわけだから、一定の評価はできるのかな。

次ページここからは真価が問われる
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。