アップル、99ドル「iPhone5C」発表

新型「iPhone5S」に加え、廉価版も投入

9月10日、米アップルは、「iPhone」の廉価版「IPHONE5C」を発表した。写真は同機種の5色。カリフォルニア州で同日撮影(2013年 ロイター/Stephen Lam)

[クパチーノ(米カリフォルニア州) 10日 ロイター] - 米アップルは10日、スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の廉価版「5C」を発表した。

劣勢を強いられているインドや中国など新興国向けに低価格スマホを投入し、韓国サムスン電子<005930.KS>や中国の華為技術(ファーウェイ)に対抗する。

緑や青など5色を提供、価格は通信会社と契約した場合で99ドルからとなっている。

同社はまた、従来機の新型版「iPhone 5S」も発表した。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は、アイフォーンやタブレット型パソコン「iPad(アイパッド)」など、基本ソフト(OS)iOS搭載機の出荷台数が来月中にも7億台になるとの見方を示した。

*内容を追加して再送します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。