イオンシネマが「調布」を旗艦劇場にする理由

設備だけでなく地域との連携でも"最先端"

シアタス調布の目玉スクリーンのひとつ、「グランシアタ―」。本革シートに、リクライニングシステムを導入し、座り心地を追求 (撮影:尾形文繁)

「シアタス調布は、イオンシネマのフラッグシップシアターになる」。同館を運営するイオンエンターテイメントの小金澤剛康取締役は、力強く語った。

9月29日に京王線・相模原線(調布駅付近)再開発事業の一環として開業した複合施設「トリエ京王調布」。その中にシネマコンプレックス「イオンシネマ シアタス調布」がオープンした。A~C館の3棟で構成されているが、そのうちのC館は、1階のショッピングゾーンを除き劇場フロアとなっており、文字どおり映画“館”といえるだろう。

調布駅前の商業施設内に開業

「シアタス調布」は、映画館(シアター)に新たな付加価値を“足す”という意味を込めて命名された。11スクリーン、総座席数1672席と、1900~2000席クラスが珍しくない郊外のシネコンと比べて、取り立てて大規模というわけではないが、特筆すべきなのは、劇場の設備だ。

空間を縦横無尽に動き回るような臨場感を実現する立体音響テクノロジー「dts-X」と、床から天井、壁まで上下左右いっぱいに広がる大型スクリーン、イオンシネマ独自の4ウェー立体音響システムが楽しめる音響・映像システム「ULTIRA」を導入したスクリーンが1つ。さらに、震動や煙や風、ミスト、においなどがシーンに合わせて出てくる「体感型アトラクションシアター4DX」も1スクリーン設置しており、こちらは国内最大となる128席を有する。

目玉は、飛行機のファーストクラス級のゆったりとしたスペースに最新電動リクライニングシステムを導入した最高級シートで映画を観賞できるプレミアムスクリーン「グランシアタ―」だ。あまりの座り心地のよさに、リラクセーションルームと勘違いしてしまいそうだ。

次ページイオンシネマの英知を結集
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。