楽天のイーバンク銀行出資比率は約4割に 役員も4人派遣

楽天のイーバンク銀行出資比率は約4割に 役員も4人派遣

楽天は、ネット専業銀行のイーバンク銀行との資本提携について、優先株の増資により66万6000株を引き受けると発表した。1株当たり3万円で、総額199億8000万円を出資する。合わせて役員4人を派遣する。優先株は金融庁の認可が下りた後、普通株に転換する。

イーバンクは現在、既存株主に対し、1株あたり1株の株主割り当てを行っており、仮に全株主が増資に応じたとすると、楽天は既存出資分200株と合わせて33.41%を保有する筆頭株主となる。実際は割当に応じない株主がいるため、約4割の出資比率となる見込みだ。事実上、傘下に収めることになる。
 
 証券、クレジット、消費者金融など金融事業を相次いで傘下に入れてきた楽天。銀行の取得は念願だった。ただ、既存の金融事業では過払い金利問題や上限金利の引き下げ、証券システムトラブル、株式相場の低迷など高い授業料を払い続けてきた。イーバンクも業績不振が続いており、先行きは楽観できない。
(東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。