コンサル女子が退職→単身秋田で始めたこと

「隠れた果物王国」の魅力を知ってもらいたい

単身秋田に移住し、新たなビジネスを始めた矢野氏(筆者撮影)

「あきたこまち」をはじめ、米どころとして知られる秋田。しかし、米以外の秋田の名産品となるとどうだろうか。都会に暮らす人たちにとって秋田の味や魅力を知る機会は極めて少なく、秋田ブランドの実力はまだ弱い。

そんな秋田県で新たな試みをする女性起業家が誕生した。東京から単独で移住し、秋田の果物と日本酒を組み合わせて通販する「Fruitreat (フルートリート)」というサービスを立ち上げた矢野智美氏である。起業するまで秋田に住んだこともなければ、果物や日本酒の専門家でもないという矢野氏が、秋田で新ビジネスを立ち上げたのはなぜだろうか。

旬の果物と日本酒を組み合わせて通販

秋田県は、りんご、さくらんぼ、西洋なし、ラズベリーなどが全国生産量トップ10圏内に入る、隠れた果物王国である。しかし、青森、山形の果物産出額が約600億円以上であるのに比べ、秋田は約60億円と大きく引き離されているのが現状だ。

フルートリートは、都会にはほとんど出回っていなかった秋田の旬の果物と、地元の日本酒をセットにして通販で届けるサービスだ。2016年の開始以来、ブルーベリー、フルーツトマト、桃、ぶどう、りんご、洋梨、いちごと、毎月旬のフルーツと日本酒を組み合わせ日本各地に発送している。価格は、毎月1回定期便として届く自宅用コースが4644円(送料別)、ギフト用ボックスに入った贈答用が5000〜8000円(送料別)だ。

フルーツと日本酒と組み合わせにインスタ女子たちも喜んでいる(インスタグラムより)

インスタ映えするスタイリッシュな真っ黒な箱に、宝石のように美しい果物と日本酒が詰められて届く。この見た目のインパクトがウケて、首都圏の感度の高い女性や夫婦を中心に支持を獲得。「果物と日本酒のマリアージュ」というコンセプトのセンスのよさもあり、月1回の自分へのごほうび商品として、または、ギフト商品として注文する顧客も多いという。

そんなフルートリートが1年で最も力を入れるのが10月のシャインマスカットだ。皮ごと食べることができて、上品な香りと甘みが口いっぱいに広がるシャインマスカットは、昨年の販売で大好評だった。「あのシャインマスカットをもう一度食べたい」という声も寄せられている。

出荷準備のため、軽自動車に長靴と段ボールを積み、県内の果物生産者と酒造会社を走り回る矢野氏の姿からは、東京の名門女子大を卒業し大手IT企業のコンサルタントとして活躍してきた華やかなキャリアは想像できない。

次ページ東京の生活は華やかだったが
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。