オラクル会長が明かす「アマゾン迎撃」の秘策

世界初「自律型データベース」とは何か

データベース分野の巨人、オラクル。サンフランシスコで年に1度のビジネス・技術系イベントが開かれた(記者撮影)

米オラクルの会長兼CTO(最高技術責任者)を務めるラリー・エリソン氏は、サンフランシスコで年に1度開催しているビジネス・技術系イベント「オラクル・オープンワールド」で、現地時間の10月1日、3日と2度の基調講演に登壇した。

会場となったのは、アップルなどシリコンバレーの多くのIT企業が使用する「聖地」モスコーニセンター内のイベントホール。約1万人を収容する会場にほぼ満席となった観衆を前に、73歳という年齢を感じさせない意気軒昂な姿を見せた。

「サイバーセキュリティ強化を急げ」

ラリー・エリソン会長。2014年にCEO職を後継に譲り、会長兼CTOを務めている(記者撮影)

エリソン会長は、1977年のオラクル創業以来、長きに渡って経営トップとして成長を主導してきたIT業界の大物。個人でヨットレース「アメリカズカップ」の米国チームのスポンサーになっていたり、京都をはじめ世界各地に豪邸を保有するなど華やかな私生活でも知られる。

2度の講演でともに強調したのは、これまで以上にサイバーセキュリティの重要性が増しているということ。3日の講演では、米信用調査会社エクイファックス社や米連邦政府の人事管理局がサイバー攻撃で個人情報などを盗まれた例を挙げ、「洗練されたサイバー世界の犯罪人たちがデータを盗んでいる」と、データベースへのセキュリティ強化が急務であることを示した。

次ページイベントの目玉となったのは‥
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本を動かす<br>地方の名門企業77

日本各地には、地元財界の顔として政治力・経済力をいかんなく発揮している企業がある。圧倒的な存在感とパワーを持つ名門企業の実態に迫り、今後の成長が期待できる地方発“次世代企業”を取り上げた。