丸井やマルコメが独自アニメでCMを打つ理由

実在人物や有名キャラの起用が抱えるリスク

このアニメキャラクターは誰?(写真:「猫がくれたまぁるいしあわせ」より丸井グループ提供)

仕事、趣味、恋愛、家族――。誰しもが向き合い、悩み、苦しみ、そして頑張るテーマだ。社会人10年目の女性「平倉まり」を主人公にそれぞれのテーマが映像として描かれ、日常生活の奮闘から小さな幸せを発見する。

丸井グループの企業アニメCMが話題に

そんなアニメがこの春から夏にかけてちょっとした話題となった。少女漫画寄りの華やかなテイストで、有名声優も起用した作品だ。といっても映画やテレビ番組のシリーズではない。それぞれの長さは数十秒。ファッションビルなどを展開する丸井グループが、「猫がくれたまぁるいしあわせ」のタイトルで、今年5月から順次仕掛けてきた企業アニメCMである。

「マルイがアニメCM?」「絵がキレイ!」「声優陣が豪華!」――。テレビCMとしても放映されたこともあり、ネット上ではこのような反響を呼んだ。これまでに第1~4話、ダイジェスト編が公開されており、YouTube上でも見ることができる。第1話の再生回数は2017年9月末時点で8.5万回を超えている。

「年齢・国籍問わず、丸井グループの理念をわかりやすく伝えるには、オリジナルアニメが最適だと思いました」

丸井グループの青木正久・アニメ事業部長は言う。丸井はもともと、有名キャラクターを使った版権アニメとのコラボレーション企画を積極的に行っている。今回は主要ターゲット層である若い女性へのアピールを狙って、オリジナルアニメを制作した。今後も自社のセール企画などに合わせてこうした施策を打ち出していくという。

次ページオリジナルアニメCMを使って宣伝をする流れが生まれている
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本を動かす<br>地方の名門企業77

日本各地には、地元財界の顔として政治力・経済力をいかんなく発揮している企業がある。圧倒的な存在感とパワーを持つ名門企業の実態に迫り、今後の成長が期待できる地方発“次世代企業”を取り上げた。