小池知事が「公明党のご機嫌取り」に走る事情

首班指名は「山口那津男さんがいい」

公明党と小池氏の関係はどうなるのだろうか(写真:ロイター/Toru Hanai)

9月25日夕方、安倍晋三首相は衆議院解散の意思を明らかにした。ところが同日午後に小池百合子東京都知事が新党「希望の党」の旗揚げを表明したことで、25日夜から26日朝に掛けての報道は「安倍首相と小池都知事」の2人が主役だった。

が、一連の政局報道の陰に隠れている重大事がある。それは、ひとつの小選挙区におよそ2万票あると言われる公明党の票の行方だ。公明党は国政では自民党と連立し、東京都政では小池百合子都知事が事実上率いる都民ファーストの会と連携しているが、ここに来て国政で小池新党「希望の党」が生まれたことで微妙な立ち位置に追い込まれているのだ。

新党は「小池カラー」に

まずは、わずか数日で急前進した「小池新党」について見ておこう。

24日には自民党の福田峰之内閣府副大臣(翌25日自民党を離党し、内閣副大臣も辞任)や「日本のこころ」の中山恭子代表が小池新党への参加を表明。同日夜には細野豪志衆議院議員や若狭勝衆議院議員など、7名の国会議員が会合を開いて意見交換を行っている。ほかにも渡辺喜美元みんなの党代表や河村たかし名古屋市長など、新党参加に意欲を見せる有名人は少なくない。

ところが、25日の会見で小池知事は、「リセット」を強調した。小池知事はシンボルカラーの緑色の字で「希望の党」と書かれたプラカードを掲げ、こう述べた。

「これまで若狭さん、細野さんはじめとする方々が議論してこられましたけれども、リセットいたしまして、私自身がたちあげるということでございまして、直接絡んでいきたいというふうに思っております」

この「リセット」の意味は何なのか。すでに若狭氏や細野氏が綱領などを詰めていたが、それを全面的に廃棄して、「百合子カラ―」に染めるという意味のようだ。

次ページキャッチコピー先行
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。