トヨタが「スポーツカーで新ブランド」のワケ

“モリゾウ"社長は発表会でドリフトも披露

トヨタの新スポーツカーブランド「GR」シリーズをお披露目する豊田章男社長(右)(撮影:梅谷秀司)

「80年の歴史があるトヨタ自動車が改めて面白い車を作れることを示したい」

 トヨタは9月19日、走行性能を大幅に高めたスポーツカーの新ブランド「GR」をセダンからミニバンまで一同にそろえて大々的に発表。「モリゾウ」の名前で自らレースにも参戦している豊田章男社長もサプライズ登壇し、そう力を込めた。

GRシリーズで年間5万台販売目指す

トヨタは2010年から「G Sports」(通称G‘s=ジーズ)などの名前でスポーツカーブランドを展開してきたが、あまり浸透していなかった。個々の車種ごとに企画や開発などの機能が分散していたこともあり、今回から組織もブランドも統一して戦略的に打ち出していく方針に転換する。

発表会会場には9月19日に発売した7モデルに加え、2018年春までに追加される4モデル、合計9車種11モデルが勢ぞろいした(撮影:梅谷秀司)

新たなブランド「GR」はトヨタのモータースポーツブランド「GAZOO Racing」(ガズーレーシング)の頭文字。エンジンの性能を高めた「GRMN」を頂点に、量販スポーツモデルの「GR」、ミニバンなどにも設定し気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR スポーツ」という3つのラインを設定した。

19日に全国のトヨタ販売店で発売したGRシリーズは「ヴィッツ」や「プリウスPHV」、「ハリアー」など計7モデル。7モデルで月間2100台の販売を目指す。2018年春までに「86“GR”」や「アクア”GRスポーツ“」など4モデルを追加し、合計9車種11モデルに増やす計画だ。5年以内にGRシリーズで年間5万台の販売を狙う。

次ページスポーツブランドの強化で狙うのは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。