「スピードゴルフ」は、全く新しいスポーツだ

利用者の若返りへゴルフ業界で新しい試み

「スピードゴルフ」はゴルフとランニングを組み合わせた新しいスポーツだ(写真:ゴルフダイジェスト・オンライン)

「10秒前……5、4、3、2、1、スタート」

合図と同時にティーショットを放ったゴルファーが駆け出す。 フェアウェーに飛んだボールに駆け寄り、2打目を打ってまた走り出した。

9月4日、茨城県土浦市にあるワンウェイゴルフクラブで「スピードゴルフオープン2017」が開かれた。

「スピードゴルフ」は、ゴルフとランニングを組み合わせた新スポーツだ。通常のゴルフが18ホールの打数を競うのに対し、打数とタイムの合計スコアで競う(いずれも少ないほうが上位になる)。

たとえば、18ホールで打数が90、タイムが60分だとするとスピードゴルフスコア(SGS)は150となる。つまり、1打と1分が等価になる計算だ。もちろん歩いても構わないが、SGSをよくするには、必然的に「走る」ことになる。

使えるクラブは7本まで

スコア以外でも「ゴルフ」との違いはいくつかある。使えるクラブの本数は、ゴルフの最大14本に対してスピードゴルフは最大7本。キャディーやカートは使わずに、自分で持ち運ぶ。ほかにも、グリーン上ではピンを抜かずにパットを行う(グリーン上は走ってはいけない)、1人(通常のゴルフは2〜4人)で回る(走る)といった違いがある。

今大会で優勝した松井丈選手のSGSは127.23。18ホールを81打、46分23秒で回った。

ゴルフをしない人には、このスコアがどの程度かピンとこないかもしれない。アマチュアゴルファーで最も多いのは打数100前後とされる。また、ゴルフ場側が゙9ホール”を回る時間として推奨しているのは2時間15分である。

次ページ参加者平均のSGSは168.46
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。