ノキアの携帯事業買収。マイクロソフトの賭け

モバイルでの逆襲狙う

9月3日、米マイクロソフトは、フィンランド携帯電話大手ノキアの携帯電話事業を54億4000万ユーロ(72億ドル)で買収すると発表。2010年9月撮影(2013年 ロイター/Bob Strong)

[ヘルシンキ 3日 ロイター] - 米マイクロソフトは3日、フィンランドのノキアの携帯電話事業を54億4000万ユーロ(72億ドル)で買収すると発表した。買収取引の終了後、ノキアのスティーブン・エロップ最高経営責任者(CEO)がマイクロソフトに復帰することになる。

2010年にマイクロソフトからノキアのCEOに就任したエロップ氏は、退任の意向を表明しているマイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOの後任候補の1人と目されている。

バルマー氏は「デバイスとサービス」の会社への転換を推進してきたが、モバイル機器の革命に乗り遅れたと批判されてきた。マイクロソフトは2012年にタブレット端末「サーフェス」を発売しモバイル市場に参入したものの、売り上げは伸びていない。

ノキアの携帯電話事業買収によって、マイクロソフトは過熱するモバイル市場の競争にさらに身をさらすことになる。投資家の一部は、従来の中核事業であるソフトウエアとサービスに引き続き注力するように求めている。

物言う株主グループとして知られるバリューアクト・キャピタル・マネジメントは、バルマー氏の指導力と、利益率が低く競争が厳しいモバイル機器に傾注することに対して懸念を示してきた。

次ページバルマー氏を支持する声も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。