ホンダ軽自動車、新「N-BOX」は何が違うのか

月販1.5万台計画、安全装備を標準搭載

 8月31日、ホンダは、軽自動車「N―BOX(エヌボックス)」の新型車を9月1日に発売すると発表した。2011年12月の初代発売以来、約9割の部品を見直した初の全面改良となる。写真は2013年東京で撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は31日、軽自動車「N―BOX(エヌボックス)」の新型車を9月1日に発売すると発表した。2011年12月の初代発売以来、約9割の部品を見直した初の全面改良となる。誤発進を防ぐ機能をホンダ車として初めて採用し、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全タイプに標準搭載するなど安全装備を充実させた。

販売計画は月1万5000台。寺谷公良執行役員によると、事前受注(7月7日から開始)は2万5000台を超えており、同社の主力小型車「フィット」3代目の2万7000台に続く歴代2位という。価格(税込み)は138万5640円から208万0080円。

ホンダセンシングは、ミリ波レーダーや単眼カメラなどで車の前後方を認識し、衝突軽減ブレーキや車線維持支援などに対応。軽では安全装備がオプションであったり、上級タイプにしか設定されていないことが多い。N―BOXは同社の国内販売で約3割を占める最量販車種。16年度まで軽の車名別ランキングでは2年連続首位でもあり、主力車の安全性を向上させ、競争力を磨いた。

現行モデルに比べ約80キログラム軽量化

安全装備の搭載で新たな部品などが増えたが、現行モデルに比べ約80キログラム軽量化した。助手席は57センチメートル、スライドして動かせるようにし、後部座席から運転席に移動できるようにしたほか、後部座席との距離が近づくようにした。エンジンルームを小さくしたり、燃料タンクを薄型にしたり位置を変えたりして室内空間を確保、使い勝手を改善した。

開発責任者の白土清成氏は「今でもすごく売れている化け物のような車」と表現、「普通にモデルチェンジを行ったらこけると思い、(開発に取り掛かるのに)1週間くらい悩んだ」と打ち明ける。また「N―BOXのモデルチェンジというよりも、次世代ファミリーカーのスタンダードと言われるような車を作りたかった」と語った。

N―BOXシリーズ累計販売台数は112万台を超え、ホンダ車としてはフィットを抜き、最速で100万台を突破している。今年7月の登録車も含めた車名別新車販売で、N―BOXは前年同期比11.4%増の1万4503台と4カ月ぶりに首位で、軽としては17カ月連続でトップだった。

(白木真紀)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
いま買える株・投資

26年ぶりに日経平均2万3000円超え。歴史的大相場の始まりか?チャンスとリスクを点検する。見逃せない株価材料&銘柄、割安株ランキング、好成績の投信を掲載。緊急投資ガイド。