39歳女性の結婚話を次々ツブす「母からのNG」

母の支配を「愛情」と勘違いするアラフォー達

ネット婚活の普及によって、簡単に相手探しができるようになった現在。特に女性の場合、次々と新しい出会いを求めてしまう背景には、「母のダメ出し」が大きな影響を与えています(写真:Ushico / PIXTA)

以前、この連載で「婚活アプリや結婚相談所に登録し、出会いを繰り返しながらも結婚相手が決められないのは、ネット婚活の弊害だ」と、書いたことがある(「検索時代が生んだ「婚活難民」の果てなき迷走」)。スマホやパソコンで、いつでもどこでも相手が検索できるので、次々と新しい出会いを求めてしまうのだ。

新しい出会いを求めてしまうのは、出会った相手が理想どおりではなかったから。特に女性に多いのは、いいか悪いか決めかねているときに母親に相談をし、お相手男性のダメ出しをされて、「ハイ、次!」の決断を下してしまうというケースだ。

アラフォーの婚活を阻む"お母さん"の存在

この連載の一覧はコチラ

仲人として昨今の婚活事情を見ていくと、アラフォー女性の結婚を難しくしている一因は、どうも母親にあるように思えてならない。

近年、“毒母”という言葉がよく使われるようになった。私はその専門家ではないので、細かな分析はできないが、結婚相談所の会員と母親との関係を見ていると、娘の結婚を難しくしている母親には、2つのタイプがいるようだ。娘の婚活にあれこれ口を出す“支配型”の母と、はなから「あなたのような性格の人は結婚できっこない」と決め付ける"否定型"の母だ。

支配型の母を窮屈に感じ、そこから脱却した娘はいいのだが、支配を「愛情」だと勘違いして、母を“何でも相談できる存在”と信頼し切っている娘たちもいる。そして彼女たちは、出会いを繰り返す婚活難民になっている。

すでに30回を超えるお見合いをしている井上恵美(39歳)は、まさにこのタイプだ。見合いをするたびに、男性の経歴、家庭環境、どんなデートをしたかを、事細かに母親に報告する。母が自分の結婚のいちばんの応援団長だと思っているからだ。

しかし母にとって娘とは、いくつになっても自分の支配下にあり、間違った方向に行かないように目を光らせていたい存在なのだ。アラフォーの娘が婚活市場の中でどの立ち位置にいるのかも把握せず、男性の学歴、年収、家族構成、仕事に決まってケチをつけていく。“娘によりよい結婚をさせたい”という親心が、娘の結婚の可能性を、次々に潰していくのだ。

次ページ「相手の年齢は上限43」「一人っ子はダメ」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。