アマゾンに掲載する広告に注目が集まる理由

熱視線を向ける広告主たち

今年に入ってからAmazonの広告事業が加速している

GoogleとFacebookの二大巨頭が独占するデジタルメディア業界で、Amazonが強力なライバルとして台頭するという見通しが、ますます現実味を帯びてきている。そしていま、世界の大手ブランドもAmazon向けの予算について検討しはじめている。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

この動きが加速してきたのは、今年に入ってからだ。ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)グループでCMOを務めるデビッド・ウェルドン氏や広告代理店グループWPPを率いるマーチン・ソレル氏が、GoogleとFacebookによるオンラインメディアの完全支配を断ち切るために、このインターネット小売業者へ協力しようとしている。これは、Amazonの広告ビジネスが市場に競争力をもたらすという推測に基づくものだ。Amazonは広告主のため「広告プラットフォームのリーダー」になって「最高クラスのサービス」と「戦略的なコンサル」を提供すると誓い、その熱狂を盛り上げている。これらの情報は、その宣伝文句を耳にした多くのマーケティングおよびエージェンシー幹部から寄せられた。

かつては検索およびプログラマティックでは後進だったAmazonも、いまではパーソナルアシスタントのAmazonエコーやプライムビデオサービスを抱えていると話すのは、クリエイティブエージェンシーVCCPの最高デジタル責任者であるサム・フェントン―エルストン氏だ。彼によると、エージェンシーとAmazonセールスチームとの話し合いが12カ月前よりはるかに活発化したという。プログラマティックや検索を通じてGoogleから資金を移すことが話題の中心になっている、と彼はいった。

検索広告に投じられる予算

しかし、Amazonのセールストークの波及効果をもっとも速く感じられるのが、検索広告に投じられる予算だ。VCCPは、この9カ月間で広告主らがGoogleから「強固な投資収益率(ROI)」を有するオンライン小売業者であるAmazonへと検索広告費用を移し替えている光景を目にしているという。さらに、ブルームバーグ(Bloomberg)の発表によると、メディアグループのNBCユニバーサル(Universal)と生活用品メーカーのユニリーバ(Unilever)の予算を管理する広告エージェンシーのグループM(Group M)が2017年、広告主がAmazonの検索広告に費やす資金はどの月を見ても前年比で10から15倍だと話しているという。

次ページ広告主を呼び込む
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。