風見しんごが初告白した「娘の死」からの10年

さらなる悲劇、それでも家族は強く生きる

長女を交通事故で亡くした風見しんごさんとその妻が初めて口を開いた
毎週月曜夜7時から放送中の「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち」(TBSテレビ系)。人気番組「プロ野球戦力外通告」「プロ野球選手の妻たち」を手掛けるスタッフが、夫を支える妻の姿を通して、夫婦の愛と葛藤に迫るドキュメンタリーだ。

 

覚えているだろうか?

2007年1月17日。この日、一つのニュースが、日本中に衝撃を与えた。タレントの風見しんごさんの長女・えみるちゃんが小学校への登校中、自宅から100メートルの場所で交通事故に遭い、帰らぬ人に。享年10。愛する娘の短すぎた生涯だった。あの悲劇の事故から10年。長い沈黙を破り、風見しんごの妻が愛する娘を奪われた夫婦のその後について、初めて口を開いた。

国民的人気者・風見しんごと妻が築いた幸せな家庭

風見しんごさんの妻・尚子さん、現在50歳。短大で福祉を学んだあと、ミス日本に輝き、芸能界入り。タレント・モデルとして活動中だった1990年、テレビ番組を通じて風見さんと知り合い、交際へと発展した。

当時、風見しんごと言えば、デビュー曲『僕笑っちゃいます』などのヒット曲を連発し、俳優もこなすマルチタレントとして活躍。そんな国民的人気者と尚子さんは1994年に結婚。2年後に長女を授かった。つけた名前は「えみる」。それは、風見さんの「笑顔が満ちる子になってほしい」という願いが込められた名前だった。

「とにかく明るくて、物怖じしないというか、すぐ友達になるタイプで、社交的」(尚子さん)

その7年後に出産した次女には、“大地を踏みしめ、しっかりと根を張ってほしい”という願いを込め『ふみね』と名付けた。

「すごくシャイで、社交的なお姉ちゃんの後ろに隠れて、ちょっと顔出してるタイプ!けっこう逆でしたね、えみるとは」(尚子さん)

長女えみるちゃん(写真右)、次女ふみねちゃんと風見さん夫婦

2人の娘はすくすくと成長。2人の成長記録をビデオで撮影するのが夫婦の何よりの楽しみだった。ある日の風見家のホームビデオ…

「ハハ~、チチは~?」(えみるちゃん)

「チチはお仕事よ。もうすぐで帰ってくるから、いい子にして待ってましょうね」(尚子さん)

「うん! 早くチチ、帰ってこないかな~」(ふみねちゃん)

子供たちは「パパ・ママ」ではなく、「チチ・ハハ」と呼んだ。風見しんごのアイデアだ。

次ページ幸せな一家を襲った悲劇
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。