美人女子高生を狙う「靴下買います男」の手口

Twitterでナンパされる中高生たち

Twitterで知らない人からメッセージが届き、「LINE交換しよう」に発展する(筆者撮影)
中高生にとって夏休みこそ青春です。夏祭りや花火大会、海やプールで異性との距離が縮まるこの季節ですが、SNS経由で望まない出会いに巻き込まれることも。「靴下売ってください」というアカウントからダイレクトメッセージが届き、怖い思いをした女子高生もいます。中高生がどのようにしてSNSで誘われるのか、イマドキのナンパ事情をお伝えします。

Twitterは出会いの場、フォローリストチェックが基本

この連載の一覧はこちら

中高生たちが利用するSNSといえば、LINE。そして、Twitterです。ジャストシステムが発表した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)」によると、10代の88%がLINEを、75%がTwitterを使っています。

LINEは主に「友だち」としてつながった人とのコミュニケーションに使われ、いわば「閉じた世界」です。一方、Twitterはインターネットに接続すれば、フォローされていない人からでもブラウザを使えば投稿が見られる「開かれた世界」のサービスです。しかし、中高生はTwitterも仲間との交流をメインに使っています。

「知り合いと楽しんでいる」という認識なので、プロフィール画像はプリクラやSNOWなどで撮った顔写真を設定し、自己紹介には学校名や本名を載せる人がほとんどです。用心して「鍵付き」という非公開状態に設定している中高生もいますが、公開にしている人も多いのです。できればひとりでも多くの知り合いに見つけてもらってフォロワーを増やしたい、そう考えているからです。

「LINEでは相手に返信を求めるようで、たとえグループトークでも気軽には書き込めない」という中高生は、日常の細かな思いをTwitterに投稿しています。厳選した盛れている写真しか投稿できないInstagramとは違い、Twitterなら気軽に自撮りを投稿できます。

そんな身近なTwitterですが、女子高生たちをインタビューすると必ずと言っていいほど挙がるのが、「Twitterで知らない人からメッセージが来た」というエピソードです。初めは「話そうよ」ぐらいのメッセージでも、何回か相槌を打っているうちに「LINEを交換しよう」と誘われるのが定番の流れです。

次ページ偶然、好みの異性を見つけることもある
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。