テーラー・スウィフトに敗訴のDJ、痴漢認定

本人は「絶対触ってない」と否定

 8月15日、米歌手テイラー・スウィフトさんへの痴漢行為を巡り、米連邦地裁が賠償金を支払うよう命じたラジオDJのデビッド・ミューラー氏があらためて疑惑を否定した。写真はミューラー氏の法廷内スケッチ(2017年 ロイター/Jeff Kandyba)

[ロサンゼルス 15日 ロイター] - 米歌手テイラー・スウィフトさんへの痴漢行為を巡り、米連邦地裁が賠償金を支払うよう命じたラジオDJのデビッド・ミューラー氏が15日、「絶対触ってない」とあらためて疑惑を否定した。

スウィフトさんは裁判で、2013年のコンサート前のイベントでミューラー氏とそのガールフレンドと写真撮影した際、ミューラー氏にお尻をつかまれたと主張。連邦地裁は14日、スウィフトさんが求めた1ドルの賠償金支払いをミューラー氏に命じた。

ミューラー氏は15日に出演した米ABCテレビの番組で、「彼女のスカートの下に手を入れるなんて絶対なかった。ポリグラフ(うそ発見器)にもパスできる」と強調した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
本気になった富士フイルム<br>不正会計を機に大手術

「経営者に大事なことは、ピンチをチャンスに変えること」と語る古森重隆会長。富士ゼロックス海外子会社の不正会計発覚後、親会社の富士フイルムHDは関与を強め、出直しを図る。