「フォーミュラE」に日本勢は参戦するのか?

注目レースのトップに直撃インタビュー

7月30日、カナダのモントリオールで開催されたフォーミュラE最終戦。年間優勝を果たしたのは、ルーカス・ディ・グラッシだった(筆者撮影)
アウディ、BMW、メルセデス、ポルシェ――。今年7月、ドイツの有力自動車メーカーが一斉に参戦を表明した電気自動車(EV)レースのフォーミュラE。2014年のスタート当初は注目されないレースだったが、欧州勢の参戦でにわかに注目度が上がってきた。
一部では日産自動車の参戦が予想され、主催者は日本でのレース開催を虎視眈々と狙っている。運営団体、フォーミュラE ホールディングスのアレハンドロ・アガグCEO(最高経営責任者)に、日本メーカーの参戦や日本でのレース開催の可能性を聞いた。

 

――アウディ、BMW、メルセデス、ポルシェのドイツ4大ブランドが参戦を決めた今年は、フォーミュラEにとって今年は特別な年になった。ここまでの展開は想定どおりか。

私の予想を大きく上回っている。1年目は離陸、2年目は整理統合の年だったが、3年目の今年は飛躍の年と考えていた。しかし予想以上に有力なメーカーやスポンサーが入ってきてくれた。

EVこそがモビリティの未来

――成功の理由は。

早すぎず、遅すぎず、正しいタイミングでフォーミュラEを立ち上げたことだろう。自動車はレースに限らず、ガソリン・ディーゼル車から電気自動車(EV)にシフトしていく。ハイブリッドは過渡期の技術であり、EVこそがモビリティ(移動手段)の未来だ。ガソリン車からEVに産業全体がシフトするタイミングにうまく合わせることができた。

――あなた自身はガソリン車を持っていないのか。

持っているが、それはいずれメモリーになるだろう。週末にはガソリン車を運転するかもしれないが、それは週末に乗馬をするようなものだ。移動の手段はEVになる。

次ページ日米のメーカーの参戦は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。