改革続々、新生「湘南モノレール」の"熱い夏"

新車投入と23年ぶりダイヤ改正で利用者急増

――5月から開始した、車両の先頭に装着するオリジナルデザインのヘッドマークの販売について、導入に至った経緯をうかがいたい。

地域企業として地域の皆さんとのコミュニケーションを取っていくのも大切なことだと考えており、オリジナルヘッドマークの販売はその一つの試みだ。誕生日や記念日のメッセージ、自己PRなど、公序良俗に反するものでなければ、幅広く利用いただける。

乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」などを手がけるヴァル研究所(東京都杉並区)からの提案ではじめたサービスだが、もしかしたら、プロポーズに使う人も出てくるかもしれない。考えただけでワクワクする。モノレールは、楽しく、気持ちが安らぐ乗り物でありたいと常日頃から思っているので、提案を受けて、絶対に実行しようと思った。

――今現在、申し込みは来ているのか。

(取材時の7月上旬時点で)2件ほど申し込みが来ている。1件は誕生日のメッセージ、もう1件は幼稚園・保育園向けのフリーペーパーを発行する会社で、幼稚園・保育園の子どもたちでデザインコンクールを行い、優秀作品をヘッドマークにするという企画だ。

モノレールだから「落ちない」、合格祈願神社も

――ほかに行ったユニークな取り組みは?

ボルトをご神体にした合格祈願神社(湘南モノレール提供)

昨年夏から始めた車両基地見学は好評だ。はとバスの横浜ツアーに車両基地見学を加えていただいたのがきっかけで、昨年夏は5~6回実施した。その後、鎌倉市のふるさと納税の返礼品にも、車両基地見学を加えていただき、毎月、見学会が実施されている。ただし、施設のスペースの関係や安全第一の観点から、車両基地での作業のない日曜日の実施となるため、これ以上、回数を増やすことは難しい。

また、受験シーズンに沿線の受験生を応援したいという気持ちから、昨年冬には、大船駅の構内に合格祈願神社をお祭りした。「落ちない」という意味合いから、モノレールを支える部品である”ボルト”をご神体にし、江島神社の神主さんに駅構内でおはらいしてもらった。皆さんからの応援メッセージを書いていただく、「絵馬型のポストイット」も好評だった。

次ページ新車両への置き換えも完了
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ネット広告の闇

世界最大の広告主・P&Gがネット広告を減らしている。トンデモサイトへの「知らぬ間出稿」でブランドを毀損したトヨタ、JAL、富士通…疑問と批判が噴出。ネット広告の問題点に迫る。