UPSのサンフランシスコ配送施設で銃乱射

容疑者含む4人が死亡

 6月14日、米宅配大手ユナイテッド・パーセル・サービスのサンフランシスコの配送施設(写真)で、同社のユニフォームを着用し武装した男が銃を乱射し、3人が死亡した。(2017年 ロイター/Stephen Lam)

[サンフランシスコ 14日 ロイター] - 米宅配大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)<UPS.N>のサンフランシスコの配送施設で14日、同社のユニフォームを着用し武装した男が銃を乱射し、3人が死亡、2人が負傷した。

乱射した男も自分で頭部を撃ち、死亡した。

UPSの投資家向け広報担当によると、乱射した男と犠牲者は全員UPSの運転手。

当局は今回の事件がテロとは無関係としているものの、動機などは明らかになっていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。