上野のパンダ出産で東天紅がストップ高に

約10年ぶり高値水準

 6月12日、東京都内にある上野動物園は、ジャイアントパンダのメス「シンシン」が同日に出産したと発表した。東京株式市場では、同施設の近辺に店を構える銘柄に対し集客の伸びを期待した買い注文が入っている。写真はシンシンを取材する報道陣。先月19日、上野動物園で撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 12日 ロイター] - 12日の東京株式市場で東天紅<8181.T>が一時、前営業日比38%急騰しストップ高。2007年7月以来9年11カ月ぶりの高値水準を付けた。精養軒<9734.T>も急反発し、2014年3月以来3年3カ月ぶりの高値となった。

東京都内にある上野動物園は12日、ジャイアントパンダのメス「シンシン」が同日に出産したと発表した。同施設の近辺に店を構える両銘柄に対し集客の伸びを期待した買い注文が入っている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?