就活生目線で見た「ブラック企業」5つの特徴

セクハラ、ペナルティ、残業代無しに拒絶反応

就活生にとっての「ブラック企業」の特徴とは?(イラスト:simar / PIXTA)

5月10日、厚生労働省が「労働基準関係法に違反した企業」のリストを公開した。電通、パナソニックの事業所、日本郵便の郵便局など、大手企業も含まれており、“ブラック企業リスト”として関心が集まっている。

9割がブラック企業かどうか気にする​​​​

当然、就活生も、志望企業が労働環境の悪いブラック企業かどうか、気になっているはずだ。それがどの程度なのか、そして企業のどんな特徴を「ブラック」と見るのだろうか?

HR総研は楽天「みんなの就職活動日記」と共同で、今年就職活動している学生約1000人に、就活に関するアンケート調査を3月に行った。その中で「自分の志望先がブラック企業かどうか気になるか」について聞いたところ、「かなり気になる」と回答した学生が65%、「少し気になる」と回答した学生が28%という結果になった。ブラック企業かどうかを気にする就活生は合計9割を超えている。

次ページセクハラには男性社員も不快
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。