ローソンが米粉を使用したパンを発売

ローソンが米粉を使用したパンを発売

コンビニ大手のローソンは米粉を主原料に使用したパンを発売する。まずは今月29日に関東地区であんぱん、蒸しパン、シフォンケーキを先行販売し、9月から全国で販売する。
 
 ローソンではこれまでも米粉を2~3割程度使用したパンを販売していたが、主原料としたパンは初めて(※)。米粉は小麦のような香りがなく、独特のもっちりとした食感を得られるが、膨らまない、ぱさつく、時間の経過とともに硬くなってしまうなどの難点があった。
 
 今回、製粉方法の改善で水分量を減少させることが可能となり、米粉だけでもパンが焼けるようになったという。また、米粉は小麦粉と比較してタンパク質、アミノ酸を抱負に含むなど、栄養価も高い。既存顧客はもちろん、健康を気にする女性客、中高年客にアピールしていく考えだ。
 
 商品と物流を統括する森山透専務は、「新しい定番カテゴリーができたと思う。今後はパンだけでなく、デザートなどでも積極的に開発を進め、新規客を取り込みたい」と話す。9月の全国発売後も毎月新商品を投入する予定だ。健康志向の商品開発を進めるローソンにとって、新規開拓の新たな武器となるだろうか。
 
 (※)「米粉パン」は小麦アレルギー対策商品ではない。パンを膨らませるグルテンは小麦由来のもので、打ち粉にも小麦粉を使用しているため。
【田邉 佳介記者】

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。