箱根が再開発で高級化、沸騰する「湯煙戦争」

藤田観光はじめ大手ホテルの再開発が続々

箱根小涌園 天悠は全室に露天風呂が設けられている(記者撮影)

4月20日、箱根に「箱根小涌園(こわきえん) 天悠(てんゆう)」が開業する。150室すべてに露天風呂が設けられ、1室2人で5万8000円〜(1泊2食付き)という高級旅館だ。

総工費は115億円で、地下1階、地上9階建ての建物に、二つの大浴場、バーやレストラン、スパがある。高級旅館という触れ込みだが、客室の大半にベッドが備えてあるなど、実態は高級ホテルと相違ない。

運営を行うのはワシントンホテルや「ホテル椿山荘東京」を展開する藤田観光だ。瀬川章社長は天悠の開業を機に、「2〜3泊して滞在を楽しむように、日本の休み方を変えたい」と意気込む。

高級化にあわせて生産性も追求

施設やサービスで高級感を訴求するのに加えて、生産性の向上も狙う。それまでそれぞれ専任の担当者が行っていたフロントやレストランでの接客、清掃といった業務を、一貫して担う「クロスシフト」を実験的に導入する。

藤田観光にとって、箱根は創業の地に当たる。老舗の「箱根ホテル小涌園」を筆頭に、日帰り温泉施設「ユネッサン」、鉄板焼きや懐石料理店などを合わせて7施設をこの地で運営し、売上高は年間60億円を超える。

現在、再開発に力を注いでおり、2016年には夕食提供のない宿泊特化型旅館「美山楓林(みやまふうりん)」、そして今回の天悠を開業する。今後はより高単価な旅館「蓬莱園(ほうらいえん)」のオープンを予定するほか、小涌園の営業を2018年1月に終了し、新たな開発を検討している。

次ページあの「箱根の顔」も改修へ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。