VR・ARの先にある「混合現実(MR)」とは何か?

ビジネス利用で進化する仮想現実・拡張現実

VR・ARは一過性のブームで終わらない(撮影:今井康一)
VRというと、仮想の世界で女の子=「カノジョ」とコミュニケーションをとることができるゲームなど、エンターテインメント分野が話題になりがちだ。しかし、VR(仮想現実)が活用される分野は、こういったゲームやエンターテインメントだけにとどまらない。
VRがもたらすリアルな実在感を生かす試みは、ビジネスのさまざまな分野でも始まっている。
特定のIT領域それぞれについて、5年先までの進化を予想する『ITロードマップ 2017年版 情報通信技術は5年後こう変わる!』を上梓した気鋭のITアナリストが、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)の進化とさらにAR・VRが融合するMR(混合現実)がもたらす近未来の世界を展望する。

リアルとバーチャルが混じり合ったMRへ

『ITロードマップ 2017年版』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ソニーの「PlayStation VR(以下、プレステVR)」、オキュラスの「Oculus Rift」やマイクロソフトの「HoloLens」といったヘッドセット型の最新デバイスが市場に登場した2016年は「VR元年」と呼ばれ、VR(Virtual Reality:仮想現実)・AR(Augmented Reality:拡張現実)への関心が一気に高まった。

VRとは、コンピュータグラフィックス(CG)によって、あたかも仮想的環境の中に実際に入り込んでいるように人間に感じさせる技術である。一方、ARは、視界が完全に遮断されるVRと異なり、利用者の視界に情報を重ねて現実を“拡張”する。

スマートフォンの普及・性能向上に伴うディスプレイの小型・高精細化、画像処理性能の向上によって、一般の生活者にもヘッドセット型デバイスが入手可能となり、普及が始まっているのが現状だ。

近い将来、画像認識技術の性能向上によって、VRとARの区別は次第にあいまいになっていく。よりリアリティの高い仮想のイメージと現実世界とが結びつくことによって、リアルとバーチャルが混じり合った「MR(Mixed Reality:混合現実)」と呼ばれる技術分野へと収斂していくだろう。

ここでは、VR・ARを実現させるデバイスの現状とその進化、さらにVRとARが融合するMRへと収斂していくロードマップを展望したい。

次ページNASAのアプリで“宇宙飛行士”になれる?!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ビジネスに効く!<br>教養としてのテクノロジー

AI、ブロックチェーン…今さら聞けないテクノロジーを解説。会計・英語に並ぶビジネスの即戦力スキルだ。米MITメディアラボ・所長伊藤穰一のインタビューを掲載。未来を見通す特集。