JR東「自販機で飲料プレゼント」は普及するか

アプリで購入、SNSで「ドリンクの贈り物」

JR東日本ウォータービジネスが新たに設置する「イノベーション自販機」のイメージ(写真:JR東日本ウォータービジネス)

スマホアプリをかざして事前に購入済みのドリンクをゲット。
 アプリとSNSを通じて友人や家族にドリンクをプレゼント。
 テーマは、“人と人をつなぐ”自動販売機――。

JR東日本グループで同グループの飲料事業を一手に手がけるJR東日本ウォータービジネスが、新しいタイプの“イノベーション自販機”を発表した。これまで、タッチパネルタイプの次世代自販機や電源いらずのバッテリー自販機などを生み出してきたいわば自販機業界の革命児である同社が、満を持して世に送り出す、今までにまったくないタイプの自動販売機だという。

SNSでドリンクのプレゼントを

公式発表に先立つメディア向けの説明会では、そのイノベーション自販機の詳細が明らかにされた。それによると、最大のポイントは3月7日にリリースされたスマホアプリ「アキュアパス」との連動ということになるようだ。現金は使うことができず、購入方法はSuicaなどの交通系ICカードとアプリのみ。アプリでは、クレジットカードを登録することで事前にドリンクを購入することができ、アプリ内に表示されるQRコードを自販機にかざしてドリンクを受け取れる…という仕組みだ。

さらに、LINEなどのSNSを通じて事前に購入したドリンクを知人にプレゼントすることができるのも大きな特徴。他にも、まとめ買いで安く購入できるなどのメリットもあるという。

次ページわざわざ自販機でアプリ?の疑問
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
堕ちた名門アパレルの内幕<br>三陽商会の窮地

英バーバリー社とのライセンス契約終了で、三陽商会は赤字に陥った。2009年に契約見直しを伝えられていながら、なぜ対応できなかったのか。名門アパレルを蝕む企業病の正体に迫る。