業界初!携帯にパチンコ玉を貯めるシステムが登場

業界初!携帯にパチンコ玉を貯めるシステムが登場

低迷するパチンコ・パチスロ業界の救世主となるか--。

硬貨・貨幣処理機大手のグローリーは、パチンコホール向け会員管理システム「ケータイ貯玉機能PAPIMO(パピモ)」を発売した。IC対応携帯端末をもつユーザーであれば、その端末一つで手軽に貯玉(パチンコ玉を貯める)や、再プレイ(預けた玉を引き出して遊ぶ)などを行える業界初のシステムだ。

パピモ発売の背景には、パチンコ業界の変化がある。業界では現在、1玉1円の「低玉貸し店」の出店が増えている(通常は1玉4円)。ユーザーは従来の店舗ではパチンコ玉をすぐに換金していたが、低玉貸し店ではゲームセンター感覚で貯玉/再プレイして楽しむケースが多いという。

ただ、そのためには店舗ごとに会員登録が必要で、会員カードを常に持ち歩かなければならないなど、ユーザーにとって不便であった。ところが、パピモ導入店舗であれば、店頭で本人確認などの簡単な手続きを済ませば、あとは携帯端末を機器にかざすだけで貯玉/再プレイが可能。低玉だけでなく、通常店舗での4円玉やメダルでも利用できる。

今回、グローリーが発売するのはパピモ対応の貯玉測定器や景品交換機、ターミナルコンピューターなどのセット。年間24億~30億円の売り上げを見込む。

市場が縮小傾向の中、業界は生き残りに懸命だ。低玉貸し店の普及などによりユーザー層の拡大を狙う。グローリーなどの周辺機器メーカーも、その対応に必至というわけだ。
(梅咲恵司 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。