「社会に適合できない」18歳が風俗を選ぶ必然

生涯の職業とすることは難しいが…

マキホさん(18歳、仮名)は「仕事をしているときが何よりも楽しい」と言う(筆者撮影)
普通の職業に就けない、普通のアルバイトも続かない。そんな女性たちが風俗の世界には多い。理由はそれぞれだが、毎日同じ時間に出勤をし、決まった仕事をこなし、周囲と円滑にコミュニケーションすること自体が困難となると、多くの仕事でははじかれる。性風俗の世界はそんな女性たちの受け皿となるが、これを生涯の職業とすることも、また難しい。おおむね若さが評価される仕事であるうえ、心身への負担も少なくないからだ。
広島市を拠点とするデリヘルチェーン「カサブランカ・グループ」は、女性スタッフが中心となり、キャストの心身のケアに気を配りながら働いてもらうことで、全国で34店舗を展開するまでに成長した。ここに、社会と折り合いがつかずデリヘル嬢となることを選んだひとりの少女が入店してきた。風俗を仕事とすることで彼女にもたらされた変化、彼女が見いだした将来への道筋を紹介する。

デリヘルで働くことを打ち明けたとき、母は…

マキホさんは、18歳の誕生日にデリヘル店の面接を受けると決めていた。高校を1年で中退し、いろいろなアルバイトをしてきた。頑張ったけど、どれも合わなかった。親しい友人が「デリヘルなら、マキホにもできるよ」と教えてくれた。彼女も同じく高校を中退していて、ひと足先に18歳を迎え、すでにデリヘル嬢として働き始めていた。

お店もすでに決めていた。地元の広島県内だけでなく、全国にチェーン店があるお店。しかも社長は女性だという。でもその前に、母親にこのことを話しておかなければいけない。ウソが下手なマキホさんは、隠し通すのは無理だと知っていた。

17歳として過ごす最後の夜、「実はね、ママ」と打ち明けた。母親は黙って聞いていた。怒っているのか驚いているのか、さっぱりつかめなかった。でも最後に「このお店に決めた」と話したとき、母親は笑った。なんで? 理由がわからずにぽかんとしていると、笑いすぎて目尻にたまった涙をぬぐいながら母親は言った――「ママはね、その姉妹店の店長として働いとるんよ。その前は、デリヘル嬢もやっとったし」。

デリヘルチェーン「カサブランカ・グループ」は、広島市を拠点に全国で34店舗を展開している。創業当初は代表の長谷川華さんが自身で街に出て女性をスカウトし、客からの電話をすべて受けていた。女性である長谷川さんが在籍する女の子一人ひとりに目配りをするアットホームな店の雰囲気は現在も引き継がれ、ゆえにデリヘル嬢を引退した後もスタッフとして残るケースが少なくない。今年36歳になるマキホさんの母親も、そんなひとりだった。

次ページマキホさんはどう思ったのか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。