刑務所を慰問する落語家が使う「意外なネタ」

「笑点」でも活躍した七代目桂才賀さんの流儀

七代目・桂才賀さん

七代目桂才賀は、かつて日本テレビ系の長寿番組『笑点』にも出演していた人気者。

その一方で、全国各地の少年院、刑務所の慰問活動を行う落語家として知られる。

「全国に少年院は52か所、刑務所などの刑事施設は87か所。これまでに1117回行っています。あ、でもアタシらは慰問ではなく、芸で激励するから“芸激”って呼んでるんです」

“芸激隊”は87名に

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

1983年に単独でこの活動を始めたが、次第に仲間が増え、現在“芸激隊”は総勢87名に。

「カミさんの実家が沖縄なんで、毎年夏は2人の子どもを連れて沖縄に里帰りしてた。ところが子どもが大きくなって夫婦だけだと何もすることがなくてね。老人ホームでも慰問に行こうかなと思い立ったんだ」

当時はまだ二つ目で、寄席に出る機会は少なかった。芸は客との呼吸、会場の空気などを感じながら、笑いに必要な“間”を身につけることが肝心。県庁に連絡し慰問希望の旨を伝えると、

「“予算のほうが……”なんて言うわけ。こっちはギャラなんて思ってない。そう言ったら、あっさりとスケジュールを出してきた。それも次の日から5日間毎日、午前・午後の2回、多けりゃ3回、沖縄各所への慰問が組み込まれてね」

ついでに少年院も慰問してくれないかと頼まれた。

「滑稽(こっけい)噺をやったんだけど、まったくウケない。こちらをにらみつけるばかりで、クスリともしないんだ」

次ページ少年たちを惹きつけたのは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。