トランプの第一主義に見える大衆迎合の限界

予測困難な経済政策で世界の不確実性は増す

この新リーダーの誕生によって世界経済は大きく揺らいでいく(写真:REUTERS/Rick Wilking)

ドナルド・トランプ氏が米国の第45代大統領に就任した。

1月20日の就任演説は、拙著『トランプ政権でこうなる! 日本経済』で取り上げたような大統領選挙時のスタンスとあまり変わりなく、大衆迎合主義(ポピュリズム)的、国粋主義的なトーンが目立ったものの、相変わらず具体的に何をするのかが示されない内容だった。

期待を裏切らないという決意を固めている

ただ、演説から感じられたのは、トランプ新大統領が、現実的に政策の整合性があろうがなかろうが、とにかく自分に投票してくれた「白人中間層」の期待を裏切らないために、「選挙期間中に約束したことは何としてもやらねばならない」、という決意を固めているということだ。

これが、いわゆるポピュリズム政治の「宿命」であり「限界」といっていいだろう。今後、トランプ政権はイデオロギーとか公正さ、正義といった政治的理念よりも、大衆の意思を鑑みながら政治を動かしていかなくてはならない。

つまり、アメリカファースト(米国第一主義)、移民排斥、雇用創出、インフラ整備、保護貿易、軍備増強といった大衆が喜びそうな政策を続けていくしかない――。それがトランプ政権のすべてといっていいのかもしれない。

トランプ大統領は歴代大統領のように、大統領になったからには国際情勢や経済情勢への造詣を深めて、大局的見地から政治的にベストな選択をしていこうと努める、というキャラクターではない。

次ページ大統領自らテーブルクロスを選定?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?