トランプ氏、フォードとクライスラーを称賛

米国内投資の計画表明で

 1月9日、トランプ次期米大統領は、自動車大手のフォード・モーターとフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が米国内に新規投資するとの方針を示したことを称賛した。写真はフロリダ州で昨年12月撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

[デトロイト 9日 ロイター] - トランプ次期米大統領は9日、自動車大手のフォード・モーター<F.N>とフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCAU.N>が米国内に新規投資するとの方針を示したことを称賛した。

フォードは前週、16億ドル規模のメキシコ新工場建設計画を取り止め、今後4年間は米ミシガン州の工場に7億ドルを投資し700人を新規雇用すると発表。FCAも8日、米国内の2工場に10億ドルを投じて設備の最新化を図るとともに、2000人の雇用を創出する計画を明らかにした。

両社とも、米国内への投資はビジネス上の決定で、トランプ氏からの圧力によるものではないと説明しているが、同氏が米国のビジネス環境の改善を目指していると評している。

トランプ氏は同日ツイッターで「ついに事は動き始めた。FCAはミシガン、オハイオ両州に10億ドルを投じ、2000人の雇用を創出する計画を発表した」とつぶやいた。その後のツイッターでは「フォードも先週、メキシコに10億ドル規模の工場を建設する替わりに、 ミシガン州および米国内で拡大していく計画を発表した。フォードとフィアット(・クライスラー)に感謝の意を表する」とした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
本気になった富士フイルム<br>不正会計を機に大手術

「経営者に大事なことは、ピンチをチャンスに変えること」と語る古森重隆会長。富士ゼロックス海外子会社の不正会計発覚後、親会社の富士フイルムHDは関与を強め、出直しを図る。