部下とは、あなたの「下」にいる人ではない

幸せで慕われる上司になる方法

あなたが重要だと思う何らかの能力が相手に「ない」と嘆くのではなく(写真:xiangtao / PIXTA)
職場の人間関係に悩んでいる人は多いものです。上司になっても部下との接し方の悩みは尽きないものです。部下との接し方は、ほんの少しの心構えで劇的に変わると話すのは、『誰がやってもうまくいく!最強の組織づくり』の著者で、多くの職場で生産性の向上に努めてきた職場改善コンサルタントの坂本松昭氏。今回は、上司が部下と接する際のポイントについて聞きます。

上司であるあなたが、本当にしなければならないこと

部下を持つとは、その部下の仕事についての責任も持つということ。管理職の仕事に専念できるとは限らず、上司となる人の負担は増えることが多いでしょう。そんな中で、なんとか部下を指導しようとするものの、なかなか部下に響かない、仕事の成果にもつながらない、などということもあるのではないでしょうか。

上司として、部下から慕われたい、仕事も上手にこなしたい……。誰しもこのように願うものです。

では、なぜそうならないのでしょうか。そこには根本的な原因があります。

ここで、もう一度よく考えてみましょう。上司であるあなたが、本当にしなければならないことは何でしょうか。部下を励ますことでしょうか。部下を管理することでしょうか。仕事の成果をあげて会社に尽くすことでしょうか。――あなたが上司として本当にしなければならないことは、まず「部下に幸せを感じさせること」です。

人は自分が幸せでなければ、他人の幸せを心からは願えません。自分が幸せでないと、職場の幸せも仕事の成功も願うことができないからです。それでは、部下を幸せにするためには、上司であるあなたがしなければいけないことは何でしょうか。

さまざまな職場をコンサルタントとして見てきた経験から、部下は以下のようなときに幸せを感じると考えます。

・いつでも上司に自分の話を聞いてもらえる
・裁量が与えられ、自由にさせてもらえる
・自分の良さを認めてもらえて、長所を伸ばしてもらえる

あなたが部下だった時にも思い当たる節はないでしょうか。

次ページ部下を幸せにすることができる3つの心構え
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。