企業の本当の姿は「転職サイト」に載っている

入社後ギャップ、社内恋愛まで就活に役立つ

OB・OG訪問で会社の実情を聞くのが一番だが、そのほかにも会社を知る有効な方法がある(写真:cba/PIXTA)

毎年、この時期までに行った就職活動を学生に聞くと、最も多いのが就職ナビへの会員登録だ。多くの就職ナビは、大学3年生の6月1日にオープンし、就活支援の記事やインターンシップ情報が満載となっている。

就職ナビだけに頼ってはいけない

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

大手就職ナビの「マイナビ」を例に、就活支援の記事を見てみると、「金融ビジネス」「ソフトウェア業界」「マスコミ業界」といった業界特集をはじめ、「女子学生向け」「外国人留学生向け」「体育会学生向け」などの情報や、「教員をめざす学生の就活の進め方」「公務員をめざす学生の就活の進め方」といった対象学生別の記事、さらには「インターンシップのマナー」「インターンシップ面接選考の極意」から、「就活マナー」「自己分析」「グループディスカッション」「適性検査対策」など、キャリアセンター顔負けの充実した内容が並ぶ。他の就職ナビもほぼ同様だ。

次ページリクナビ、マイナビは基本だが・・・
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。