記事広告アーカイブ

グローバルイシューに立ち向かう「知の拠点」へ

グローバル化に伴う異文化間の摩擦や衝突、あるいは世界各地の食料問題・農業問題など、国境を越えたスケールで解決すべき社会的課題が山積する現代。知の拠点として、こうした課題にどう立ち向かうか。どんな役割を担い、どんな可能性を提供できるのか。大学は今、改めてその存在意義を問いただされている。
そんな中、10年計画で取り組みを始めている大学がある。未来を切り拓く人材を育てていくことで、こうした社会的課題に応えていこうというのだ。

豊かな21世紀を築くためには
「食」と「農」の、地球的視野に立った
戦略が求められている。

激しく変化する世界のなかで生じてきた数々のグローバルイシューは、もはや特定の国や地域だけでは解決できなくなってきている。こうした問題に大学は、知の拠点としてどう向き合っていくべきか。

画像を拡大
食料安全保障を取り巻く状況

たとえば農業の問題。今、地球規模での人口増加に伴う食料不足や貧困問題が深刻化している。日本に目を向けると、食料自給率はわずか40%で、多くの食物を海外からの輸入に頼っている。国内では農業の担い手や後継者不足が問題となっており、休耕地も増える一方だ。食の安全・安心も求められ、また政府のTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加表明により、今後は日本の農業の国際競争力を強化することも急務の課題である。こうした観点に立てば、「食」や「農」のサスティナビリティをどう考えるかということが、世界規模で重要な問題であることがわかる。

次ページもうひとつの課題
お問い合わせ
龍谷大学
 http://www.ryukoku.ac.jp/
関連ページ
食と農の未来を切り拓く、新時代の人材育成に迫る
>> ページはこちら
大学生活のすべてを通して主体性を醸成し、次代を生き抜く「自己成長力」を高める
>> ページはこちら
社会の要請に応える教育システムの再構築と新たな教育プログラムの創造
>> ページはこちら
地域と連携して社会的課題の解決へ。大学が担う新たな役割。
>> ページはこちら
来るべき多文化共生社会の担い手を育成する、国際学部の挑戦。
>> ページはこちら
「世界」と「日本」、2つの観点から次代の国際人を育成。
>> ページはこちら
食と農の問題に多方面から挑む現代の農学教育が始動
>> ページはこちら