心理学者が読み解く「トランプ勝利の理由」

米大統領選の茶番は心理学で説明がつく

女性蔑視発言動画が流出したにもかかわらず、トランプ氏が当選したワケとは(写真:Carlo Allegri/ロイター)

[11月8日 (執筆:アリー・クルグランスキー)] - 今回の米大統領選では有権者が、過去のどの選挙より、良識からかけ離れた心理的行動を起こした、と言えるだろう。

そもそも、有権者は誰に票を投じるのかを、どうやって決めるのだろうか。たとえば、決起集会に参加した後なのか、それとも、それぞれの候補者の政策をきちんと調べた後なのか。国が今抱えている課題を研究するのか、あるいは、討論会を見て決めるのか。ひょっとしたら、服装や髪型、声の調子が重要な判断要素になるかもしれない。

第3代大統領トーマス・ジェファーソンは、健全な民主主義には「情報を与えられた有権者」が不可欠であると説いた。この情報時代にあって、一般市民に情報が行き渡るようにするのは簡単と思うかもしれない。しかし、今回の大統領選をこのような「悪夢」に変えたのは、情報であり、また、誤報である。

有権者の判断を左右した2つの要素

この緊急特集の一覧はこちら

「情報を与えられた有権者」という概念は2つの想定に基づく。ひとつは、有権者が事実に基づき、(本質的な問題と)関連性が高い「良い情報」を手にしているということ。もうひとつは、入手できるすべての情報を有権者が注意深く吟味し、理にかなった決断をするということだ。これは政治学者ハーバート・サイモンが呼ぶところの「制約された合理性」であり、入手可能な情報を元に最良の選択をすることを意味している。

しかし、これらの想定が今回の大統領選では成り立たなかった。ドナルド・トランプ、ヒラリー・クリントンともに、感情と視覚に訴える選挙運動に終始したからだ。

今回の選挙結果は「発見的推論」と「アクセシビリティ効果」で説明がつく。発見的推論は根拠よりむしろ、何かに対する連想に基づいて意見を形成することをいう。これにより、根拠にも経験則にも基づかない行動につながっていく。アクセシビリティ効果は、優れている可能性がある情報ではなく、「真っ先に思い浮かぶ」考えを優先することをいう。情報の価値や一貫性よりも、その頻度や最近触れたかどうかということが重要な決定要素となる。このため、実際には決断を阻む、あるいは、偏らせる場合もある。

実際、こうした2つの心理的なメカニズムは、今回の選挙にどのように影響したのだろうか。

次ページ有権者の決断を左右したものとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。